始めてクレジットカードを利用する方必見情報

クレジットカード基礎講座

便利であることは生活を豊かにする大事なポイントだと思いませんか。現代社会ではクレジットカードは持っていても、持っていなくても何不自由なく暮らすことは出来ます。しかし、クレジットカードを持っている方が便利な生活を送ることが出来るのは確かなことだと思います。
常に財布の中に高額の現金を歩いている人はそう多くはないでしょう。財布が現金で大きく膨れるのは気持ちとしては嬉しいことですが、実際にはとても不便なことです。沢山の現金を持ち歩いていれば、財布を紛失した時の損害は大きく、盗まれたりする危険性も高くなります。
ニュースなどで時々聞くケースですが、お年寄りがひったくりにあって50万円くらいの被害に遭ってしまう事件などです。なぜそのような現金を持ち歩いていたかと訊ねると、高額の商品を買うために銀行で現金を下ろしてきた帰り道だったというのです。ひったくりの犯人は、たまたま高額の現金を持ったお年よりを被害者に選んだのではなく、高額の現金を持った人を被害者として選んだのです。
どうやって選ぶかといえば、銀行や郵便局、ATM付近を見張っていれば、高額な現金を手に持っている人を見つけることは比較的簡単なことだと思います。私が以前に経験したことなのですが、銀行で定期預金を解約して高額な現金受け取る時、周りに見えないような配慮は全くなくて、逆に大勢で待っている席まで、現金を見せながら近づいてきて、声を掛けられたことがあるのです。銀行からの帰り道がとても怖かった記憶があります。
日頃の買物でも、電化製品や宝石、ブランド品など高額商品はいくらでもあります。普段現金をたくさん持ち歩いていなくても、買物の度に現金を下ろしに行くのは結構面倒くさいことです。そんな面倒な行為をクレジットカード一枚で解決してくれるのです。
クレジットカード=借金という構図があるのは否定出来ないので、その点からクレジットカードの所有や利用を敬遠する人は多いと思います。クレジットカードも計画性をしっかり持って利用しないと、支払い能力を上回る額をショッピングやキャッシングでなどで使ってしまうこともあります。現金がなくてもクレジットカードひとつで買物出来てしまう気軽さから、欲求の抑制が効かなくなり、湯水のような使い方をしてはクレジットカードを持ちたくない、持ってはいけないと思ってしまうでしょう。確かにこのような欲求の抑制が効かないタイプの人にはクレジットカードは危険かもしれません。
しかし、大部分の人はクレジットカードを利用するメリットの方が大きいはずです。先程、クレジットカード=借金といいましたが、クレジットカード支払いにはない場合もあって、消費者金融やローンなどに必ずあるものがあります。それは利息です。クレジットカードの支払いを一括払い、分割でも2回払いにすれば利息は全く付きません。借金で一番怖いと思ってしまうのは利息だと思います。消費者金融やヤミ金の利息は高利息です。利息の負担が大きくて元金がなかなか減らず、返済に行き詰まってしまう場合もあることでしょう。その点、クレジットカードはショッピング利用では無利息または低利息で返済出来るのです。キャッシングにおいても消費者金融に比べたらはるかに低金利で現金を用意することが出来るのです。
クレジットカードとは、きちんとした計画性さえ持って利用すれば、なんら怖いものでも後ろめたいものでもなく、メリットが大きい素晴らしいものなのです。

では次ページではクレジットカードを所持、利用するメリットについて詳しく説明していきたいと思います。

check

Last update:2014/10/29