勘違いをされやすい現金化について

クレジットカード現金化は合法

クレジットカードに備わっているショッピング枠を利用して現金を手に入れる仕組みやメリットについてお話をしてきましたが、きっと、気になっていること、不安が出てきたのではないでしょうか。

そもそも「クレジットカード現金化」とは合法であるのか否かということ。
答えは「心配はいりません。合法であるのです。」

いくら便利で、気軽に利用出来ても、違法行為では困ってしまいますよね。
キャッシュバックの様なサービスを行う場合、不当景品類及び不当表示防止法という規制が掛かります。
不当な景品類で顧客を誘引しないように公正取引委員会により定められているのです。この規制は消費者の利益の保護と公正な競争が行われることを目的としています。
通常の景品としてのサービスは「景品の最高額は総取引額の10%以下」として規制されています。例えば10万円の商品に景品を付けるとしたら、その景品は1万円以下でないとならないのです。
しかし、クレジットカード現金化に伴う、キャッシュバックサービスは「もれなく型」というサービス項目に該当するもののキャッシュバックは「もれなく型」の例外として扱われるので、10%以上のキャッシュバックを行っても違法とはならないのです。

<もれなく型とは>

景品をもれなく全員に渡す行為を指します。商品を購入した人や会員に対するサービスなどがあります。もれなく型での景品の最高額は総取引額の10%以下であること。しかし、キャッシュバック、ポイントバック、割引券、見本品、開店記念品、創業記念品など、これらのものに対しては例外として景品額が10%を超えても良いとされています。

家電の量販店ではキャッシュバックやポイントバックはごく当たり前の行為として認識されています。クレジットカード現金化に伴うキャッシュバックも、このシステムと同様として捉えられるので違法性はないのです。クレジットカード現金化のメリットについてはこちらでご紹介しています。

クレジットカード現金化は計画的に行いましょう。クレジットカード現金化の良い点、悪い点を考え、クレジットカード現金化をするようにして下さい。

注目サイト

日テレNEWS24
http://www.news24.jp/

最終更新日:2014/10/29