クレジットカードを利用する事によって得られるメリット

クレジットカードのメリット

  • クレジットカードとは、きちんとした計画性さえ持って利用すれば、なんら怖いものでも後ろめたいものでもなく、過払い請求をされることがないなど、メリットが大きい素晴らしいものです。クレジットカードの主な利用目的はショッピングとキャッシングです。しかし、それらの使い道以外もあるのです。ここではクレジットカードを所持、利用する上で得られるメリットにはどういったものがあるのか詳しく説明していきたいと思います。クレジットカード基礎講座についてはこちらをご覧ください。また、クレジットカード現金化 評判についてはコチラをご覧下さい。

<現金の代わりになる>

  • クレジットカードは現金と同じ役割を果たします。数十万の高額商品を買うためにお金を下ろし、財布を膨らませて用意をするのと、クレジットカード一枚で全て完了するのでは明らかにラクだと思います。

<支払い方法が選べる>

  • 現金での支払いはその場で一括のみです。クレジットカード払いには様々な支払い方法があります。一括払い、分割払いは36回まで、リボルビング払いも選択出来ます。またボーナス一括払いを選択できるカード加盟店もあります。
    一括払いと分割の2回払い、ボーナス一括払いには利息も付きませんので現金で購入すると、支払い額も感覚も同じです。違うことといえば、支払い日が違うことです。現金では購入した時点で支払いますが、クレジットカードでの購入は締め日があって、そして支払日があります。今、手持ちの現金がなくても、口座に残高がなくても、支払い日までに口座に支払い額が用意されれば、利息を支払うことなく商品を手にすることが出来るのです。
    ボーナス一括払いにおいては最長半年くらい先まで支払い日を延長出来るのも大きなメリットではないでしょうか。しかしボーナス一括払いでは注意しておかなくてはならないことがあります。例えばクレジットカードの利用限度額が50万円で、購入した商品が50万円だった場合は、この時点でクレジットカードの限度額に達してしまっているので支払いが完了するまでクレジットカードは全く使えない状態になります。半年もクレジットカードが使えない状態になってしまっては大変不便だと思います。その点を理解した上で上手に利用することです。
    分割払いのローンでは現金や一括払いでは支払い切れない高額商品を、日々の生活を圧迫することなく無理なく購入することが出来ます。分割回数は36回まで選べますが、分割する回数が増えると、その分利息も膨らんでいきますので、無理はしなくても、払える分には早く支払ったほうが利息も少なくて済むので、よく考えて分割回数を選択しましょう。
    リボルビング払いは分割払いの一種ですが、支払い回数を選択するのではなく、支払い額を選択する返済方法です。例えば毎月の支払い額を1万円としていた場合に10万円の商品を購入したら、元金の10万円と発生した利息に達するまで毎月1万円を支払っていきます。しかし返済の途中で新たな商品を何度も購入しても、月々1万円という返済額は変わらず一定で、返済期間が延びていくのです。分割払いよりも利息は高くなるので、しっかりした計画性を持って利用することをお薦めします。
<急な出費に対応できる>
  • 給料日前で預金残高が乏しくなってきた時に、事故や病気やお葬式など、急な不幸が起こって現金が必要になってもカードキャッシングを利用すれば、すぐに対応が出来ます。
    逆に楽しい出来事、例えば飲み会で盛り上がって次々と店を回ってしまい、電車で家に帰ることが出来なくなっても、タクシーで帰宅したりホテルに宿泊したりすることもカードショッピングで対応出来るのです。また、クレジット現金化をする事によって現金を得る事が出来ますので、カードが使えないお店でも安心です。
<ポイントが貯まる・還元金が貰える>
  • クレジットカードのショッピング枠利用にはクレジットカード会社が提供しているポイントが付与されます。ポイントの還元率、還元方法はクレジットカード会社それぞれ特長を持っておりメリットも様々です。自分に一番合ったメリットの大きいクレジットカードを選ぶことがクレジットカードを最大限に有効利用する方法です。
    ポイントの付与方法で一般的なのは、購入金額に応じたポイントを月単位で付与して、一定期間内に貯まったポイントを商品として交換するシステムです。ポイントが永久であるところもあります。
    還元金が貰えるパターンでは購入金額の0.5%や1%を還元金として、カード支払い請求時に差し引くサービスです。
    通常一定額のポイントが貯まらないと、商品と交換出来ないところも多いので、カードショッピングが少額の利用者には必ず貰える還元金の方が向いているかもしれません。

<保険が付いてくる>

  • クレジットカードを所持、利用して得る最大の魅力といえば、保険が付いてくることです。例えば家電量販店などでデジカメやビデオ等を購入したとします。その後、故意ではなく、落としてしまい商品が壊れた。家に泥棒が入り商品を盗まれた等のトラブルが起きてしまっても、支払いを現金で行った場合、家電量販店では商品の補償はありません。家電量販店の補償はあくまでも、購入した商品に不具合があった時のみです。
    しかし商品をショッピング保険の付いたクレジットカードで購入していれば、先程挙げたトラブルにおいても補償をしてくれるのです。このショッピング保険は通常クレジットカードに無料で自動付帯されているので大きなメリットと言えます。
    クレジットカードに付く保険はショッピング保険だけではありません。海外旅行保険も付帯されているのです。海外旅行を代理店で申し込みをすると、必ず保険の話が出てくると思います。実際に海外に行く時、全く保険がない状態で出発する人はいないはずです。しかし、クレジットカードを持っていて、海外旅行保険が付帯されているのに気付かず、新たに旅行日程に合わせた分の保険を掛けてしまう、もったいない人が意外に多くいるのです。
    きっと無料で入っているクレジットカードにそんなサービスまで付いているとは思いもしないのではないでしょうか。クレジットカードさえ持っていれば、面倒な保険の申し込みをする必要もなく、しかも保険金も支払う必要もないのです。現金主義の人にとってもこれは見逃せない大きなメリットと言えるのではないでしょうか。
    クレジットカードの申し込みが完了した時、手渡される資料をよく見て下さい。クレジットカードの規約と共に、クレジットカードの加盟店とクレジットカードを使用した場合に受けられるサービスが一覧化された冊子を貰っているはずです。そこには数多くの店舗とサービスが記載されているでしょう。クレジットカードを持たず、現金のみで、それらの店舗を利用した場合と、クレジットカードを使用して様々なサービスを受けた場合の価値を計算して見て下さい。きっとあまりのサービスや価値の差に驚くはずです。
    クレジットカードには年会費を支払って所持するものと、年会費が永年無料のクレジットカードがあります。どちらのサービスが良いかと言えば、当然年会費を支払っているクレジットカードの方がメリットは大きいです。しかし年会費が1万円などの高額のクレジットカードは普段から大きな買物をする人や、それなりの年収や属性を持っている人とって必要なサービス、メリットであると言えるのではないでしょうか。年会費を支払わなくて済むクレジットカードでも、十分なサービスやメリットは受けられるのです。
  • まず、年会費が無料である時点でクレジットカードを持つデメリットはないのです。クレジットカードに嫌悪感を持つ人がいるのは確かなことです。しかし、クレジットカードのデメリットとは、全て使う人の良識に委ねられているのではないでしょうか。